健康維持のために気をつけて掛かる地点。

小さなボディーフェチのわたしは、健康維持のために実践していることがいくつかあります。
それでは、最高基本とのぼる食べ物だ。気を付けているのは、できるだけ添加物を遠退ける、白砂糖を除けるということです。とはいっても、今の世の中、製作品物やケーキが溢れかえっているので、これはずいぶん難しい。それに、完全に甘いものをやめるというのも、精神的に葛藤になってしまうので厄介。なので、「出来るだけ燃やす」という施策でやっていらっしゃる。

意外と、家ではお水とお茶以外の飲み物は呑みません。コーヒーや紅茶を飲むと、どうしても幾らかお砂糖を入れて仕舞うし、飲料は大量の砂糖が含まれているので、家では呑みません。コーヒーなども、外食ところ呑むほどだ。のち、主食はパンよりもおアメリカ合衆国を中心にしています。随時パンも食べますが、パンにはバターなどの脂肪取り分やお砂糖も入ってる。おアメリカ合衆国のほうが敢然と健全だ。

夕食以外では、日々ミニマム1時間はあるくようにしています。土砂降りの日などは出来ないこともありますが、出来るだけお散策に行ったり、お出かけしているときは、駅舎のエスカレーターを使わず、ランクにしたり、僅か迂回をしたりして歩数を稼ぐようにしています。

まだまだ30代なので、そこまで気にしなくてもいいのかもしれませんが、出来るだけ幼くいたいので、自分に望めることをして、ボディーを持ちたいなと思います。肝臓の数値の正しい読み方は?健診結果に一喜一憂しないために。

お手軽さが人気のバナナ、こんな一面も?

「スムージー」の材料にするなど、生で食べられる野菜や果物が注目されていますね。
なかでも、人気なのは、お手軽に摂取できるものだと思われます。
特に、包丁を使うことなく、スプーンやフォークがなくても食べられる果物は、準備の手間も食べた後の洗い物も軽減できるため、大変重宝します。

また、洗い物で水を触る機会が減るので、「しもやけ」や「あかぎれ」の手を酷使する私にもうれしいものです。

冬場の果物といえばミカンがお手軽ですが、食べるときに手が濡れることもあるため、ちょっとキツイです。
その点、バナナは水分を発することがないので、手が濡れて、しもやけが悪化するリスクもありません。

ところで、バナナを1日2本、朝・夕に食べ続けることで、くしゃみや目のかゆみが軽減されたというデータもあります。
そのため、薬を飲む必要がない軽度の「花粉症」(スギ花粉)に悩む人には朗報だといわれています。

バナナは、便秘解消に役立つことから、日常的に食べている人もいるかと思います。
ほかにも、代謝を助ける働きがあるビタミンB群、活性酵素を取り除くポリフェノールが多いことなどでも注目されています。

健康のためにも注目される「ローヤルゼリー

顔にできたニキビや吹き出物は、化粧品で隠すことができます。
また、大勢の人が集まる場所へ出掛けるときや、仕事上、人を相手にする接客業などの場合は、化粧でくふうして肌トラブルを隠すことも大切です。

しかし、お肌の健康のためには、化粧品による外側からのケアだけでなく、食べ物や飲み物による内側からのケアも心掛けたいですね。
また、忙しくて栄養バランスが取れた食事ができないときは、健康食品やサプリで補うことも選択肢のひとつです。

「ローヤルゼリー」は、女王蜂が口にする特別な食事として知られています。
ご存知のように、女王蜂には子孫を残すという大切な役割があり、また、働き蜂の数十倍も長生きするといわれています。

体が大きいことも女王蜂の特徴のひとつですが、その秘密は、ローヤルゼリーに含まれた必須アミノ酸を含むアミノ酸、ビタミン、ミネラルなど栄養素の豊富さにあります。

ちなみに、あるメーカーのローヤルゼリーは、粒状のため飲みやすいほか、個包装のお試パックが用意されているため、手軽に始められることでも注目されています。